役割がある

 

銀行印という種類のハンコは、その名の通りではありますが、銀行など金融機関との取引において機会多く用いられがちな、大切な役割を持つ印鑑なのであります。

銀行印という種類のハンコは、銀行など金融機関において口座を開設する時だけではなく、銀行に預けている貯金の引き出しの際にもよく使われがちであります。

まあたしかに、銀行印という種類のハンコは、実印(住所がある自治体を管轄する役所に印鑑登録した印鑑)というハンコほどの法律的な効力を持っているわけではありません。

ですが、銀行印という種類のハンコだって、日本人の生涯や生活において大切な意味を持つ印鑑であることには変わりありませんからね。

悪人たちの手による犯罪行為に対しての防犯対策をバッチリ意識した上で、しっかりと銀行印というハンコを保管、管理するように留意してくださいね!

また、認印(みとめいん)という種類のハンコは、日本人の日常生活で頻繁に使用することになるであろう印鑑なのであります。

認印(みとめいん)という種類のハンコは、アパートの賃貸契約書や、宅配便(クロネコやペリカンや飛脚)で送られてきた荷物の受け取り伝票、町内の回覧物などに捺印する時において、非常によく使われる印鑑なのであります。

印鑑の説明を頑張りすぎて疲れましたから、もう寝ます。

おやすみなさい。

印鑑安い※ハンコって通販が安いよな。街の印章店とはお別れだ。