下の名前

 

まあ、日本人であれば、バカでも誰でも知っている当たり前のことだろうとは思いますが。。。

印鑑大国日本において、銀行印を含めた印鑑というものは、フルネームもしくは名字のみで作成することがほぼ一般的になっているのであります。

しかし!

しかししかし!!

日本人女性の方は、入籍、結婚してしまえば、名字が全くの別物に変わるケースがほとんどであるため、下の名前だけで印鑑をオーダーした上で、銀行印として登録される方もなかなか多いわけなんですよね。→ハンコ通販

つまり、銀行印という利用ジャンルにおいても、下の名前だけで印鑑を登録することが十分に可能であるわけなんですよ。

これはなかなかめでたいことですよね!

日本人女性の方が、下の名前だけで印鑑を登録せんとすることのメリットといたしましては、夫の所有する印鑑との混同を予め防ぐことができるという利点が挙げられるのであります。

まあ、日本人男性の印鑑というものをよーく頭を使って考えてみれば、結婚や離婚で名字がコロコロ変わることなど基本的にはありえません。

だから、日本人男性の場合、状況に応じていちいち印鑑を作り直す必要なんてないわけなんですよね。

イメージしただけで面倒くさいですからね、そんなの(;^ω^)