岩手 葬式

遺体を搬送

岩手県内は岩手県内でも、特に太平洋沿岸部などでは、お通夜の回数が1回限りではありません。

故人様がお亡くなりになってから葬儀本番までの間、毎晩のように丁寧なる供養をとり行い、これらの手順をすべてお通夜と称するわけなのであります。

また、岩手県の中央部などでは通常、お通夜は火葬の前の日に営みがちなのであります。

ですが、お通夜が無事に終わった後で、もう一度繰り返して同様の儀式手順を行うことがあります。

都会在住の皆様にはサッパリ耳慣れない言葉ではありましょうが、岩手県内の葬儀シーンにおきましては、これを逮夜(たいや)などと呼んでいるのであります。

岩手県内の葬儀シーンならではの習わしである逮夜(たいや)という伝統的儀式は、故人様の近親者のみでとり行うことがごく当たり前となる習わしでありまして、近親者ではない一般からの参列者は、遺族様が直々に連絡を差し上げた招待者様のみになるようなんですね。

ちなみに言いますと、逮夜(たいや)というのはそもそも、「次の日にまでおよぶ夜」ということだそうであります。

また、逮夜(たいや)というものには、お亡くなりになった故人様のご冥福を心からお祈りしつつ、故人様の生前の思い出話を肴に一晩じゅう徹夜で語り明かすなどといった意味があるそうなんです。

まあ、故人様のご冥福を心からお祈りしつつ、故人様の思い出話を肴に徹夜で語っているうちに、酒癖の悪い参列者がしんみりした雰囲気をぶち壊すようなこともありえるかもしれません。

そういう時は、大抵めんどくさくなることが予想されますから、後始末は故人様のご遺族様に任せて、さっさと会場から退散すると良いでしょう。

では!