未分類

トイレ行為

トイレ行為を行うのに影響する病気はないか、専門家に診察してもらうなどしてケアすることがすべきです。

健康を管理することは犬のしつけを行う必須要項です。

噛む犬のことを追究して、今までやってきた失敗ばかりだったペットのしつけを再度やり直して、噛む行為を適切に正していくべきだと考えます。

聞き分けの良い犬とお散歩をしていたら、当然ながら一目置かれますし、周囲の人たちにしつけの手法を教えてあげると、有難がられるでしょうし、人気度が上がるのは間違いないんじゃないでしょうか。

大抵の場合、チワワはおトイレのしつけなども大して苦労はしません。

精神的にデリケートな部分がある犬種ですから、しつけを始めたらペットシーツの置き場所をあちらこちら変えたりしないようにしてください。

怒ったりするより褒める行為が、ポメラニアンのしつけに関してはいい効果或るんです。

できたら大袈裟に褒めてみることが肝心みたいです。

もしかしたら、ワンコの無駄吠えで悩んだりしているかもしれませんね。

でも心配はいりません、我が友よ!

無駄吠えする癖を止めさせること自体は決して難しくはありません。

知識があったら、誰でもできるはずです。

犬の無駄吠えを防止

散歩をしている時の拾い食いに関連したしつけについては、声に出して叱ることはしないでください。

飼い主として、飼い犬に対して威厳をもってリードを操作する方が良いです。

松山商業

 

水口さんや佐野さんの松山商業同期の大野さんは、坊ちゃんボーイズで安楽を育てました。大野監督は、明治大学。

安楽が、決勝対戦相手天理のエース本橋さんみたいになりませんように。

さらにちなみに、水口さんと本橋さんは早稲田人間科学部一期生。

何の勉強してるんや?って学部。

早稲田人間科学は1987設立。

水口さんらの夏は1986

1986は私、11歳(笑)

11歳の貧しい家の長男の私は、クーラーのない部屋のテレビに汗だくでかじりついてました。

観戦後、イヤイヤ柔道の稽古へ。

腹立ってくるから、思い出すのやめよう。。。